薄毛対策についてのガイドライン

薄毛対策についてのガイドライン

薄毛対策について、何をどうすればいいのかわからない人は多いと思われますが、皮膚科の医師の団体である日本皮膚科学会が薄毛治療のガイドラインという文書を公開しています。

 

そのガイドラインに於いてもっとも有効な薄毛対策はミノキシジルやフィナステリドを使った薬剤治療となっており、次に有効な手段として自毛植毛が上げられています。

 

 

よく使われていいるような育毛剤などは科学的なエビデンスが足りないということではっきりと有効な治療とはされていません。

 

これではやはりある程度の進行した薄毛であれば、薄毛治療の専門医療機関にかかるほうがいいと考えられますが、その医療機関にかかるということの敷居の高さは感じざるを得ません。

 

サプリメントで薄毛対策

年齢を重ねると、どうしても薄毛が気になります。

 

 

特に生え際の後退や洗髪後に地肌が見えるスカスカな状態を見てしまうと、若い頃と比較して落ち込んでしまいます。

 

 

薄毛対策は様々ですが、内からの対策にも力を入れてみてはどうでしょうか。

 

 

例えば、薄毛対策に効果のあるノコギリヤシサプリメントは、発毛周期を短くし抜け毛を増やすジヒドロテストステロンを生成する5αリアクターゼを抑制してくれる働きがあります。

 

 

薄毛対策では、頭皮マッサージやシャンプーによる健やかな頭皮の維持、食生活の改善やタバコやアルコールを控えるなどの生活習慣の改善も大切ですが、年令を重ねると否が応でも生成されるジヒドロテストステロンを抑制するのが、薄毛対策に大きな意味を持ちます。